忍者ブログ
あれこれとカウンセリングのことを考えるブログです。
[151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんわ。

晴練さんでもグーグル検索順位の異常値が検出されていますが、私が追っている小さなキーワードでも若干の変動がありました。今回は、極めてマニアックな話題になると思います。一般的なSEO対策の参考にはならないかもしれません。

さて、今朝になってグーグルの順位を手打ちで確認してみました。キーワードは「カウンセリング 地域名」です。すると、驚きの結果でした。

何度もこのブログで書いているように、私のメインサイトはオリジナルドメインではなくて、ビ○○○○ブのサブディレクトリです。最近キーワードがバッティングする同じビ○○○○ブの競合サイトを抜かして、1ページ目の最下位か2ページ目のトップにつけるようになりました。きのうまでは、競合が5ページ目にいたのですが、今日になると圏外にすっ飛んでいます。

そのかわり、私のサイトのサブページが3ページ目につけていました。どうして?グーグルさん。

素人の浅はかな考えですが、グーグルは、サイト間の力関係ではなく、サイトを超えたページの力関係を反映するようになったのかもしれません。サブディレクトリ型に関して。

競合にかわって表示されるようになった私のサイトのサブページは、二週間くらい前まで、上位表示を狙って(わけあって)サテライト複数からリンクを貼っていたページです。「キーワードX カウンセリング 地域名」の複合アンカーで。関連性の強いサイト群です。もう無用になったのでリンクはすべて外したので、次回の変動の際にはもとに戻る可能性が高いのですけれど。

落ちはこれからです。

しかし、競合のサイトは、圏外にすっ飛んだものの、実は1ページ目に表示されています。なぜか。そうです、グーグルプレイスです。おそらく中心街に位置する事務所なので、安泰なのだと思います。ほんと、SEO対策以前に、事務所の住所って大切なのですね、グーグルにとって。

もうひとつ、おもろい現象です。

これまでの話は「カウンセリング 地域名」に関してでした。実は、反対の「地域名 カウンセリング」でグーグル検索すると、また違った順位で表示されるのです。

ABではなくて、このBAのキーワードの場合、私のサイトは3ページ目で、競合は2ページ目に表示されます。さらに、競合はグーグルプレイスのおかげで1ページ目にも表示されます。うーん、どう理解すればよいのか。

これまた素人の推測です。

私のサイトと競合は、ルートドメインといいますか、ビ○○○○ブの恩恵を最大限に受けているのでしょう。いま現在二つのサイトの力関係はほぼ対等で、わずかな違いでABかBAのキーワードに最適化がずれているのだと思います。競合のサイトはペラサイトですが、ルートドメインの力があるので、ペラペラでもあまり問題ないのかもしれません。

SEO業者さんのコンサルティングが必要になってきました。SEOのプロなら、独自ドメインに乗り換えないまま、いまのサイトで競合を完全に抜かすにはどうするのでしょう。やはり、外部施策といいますか、被リンクを工夫するのでしょうか。

ドゥアイさんの一位を狙ってこそ男であるを読みました。このキーワードで一位になれば、すべて解決します。私にとって検索順位はあくまで手段にすぎないのですが、いまどきさんの記事を読んで、よしやったろかと本気モードになっています。

あと半年で達成したい。狙います、バックリンクで。

ではまた。SEO!!

拍手[1回]

PR
フリーエリア
ブログ村のランキングに参加しました。お帰りの際に、よろしければポチッと。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
プロフィール
HN:
札幌
性別:
非公開
職業:
カウンセラー
趣味:
音楽
自己紹介:
ニックネームは「札幌」です。カウンセリングのことを日夜研究しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンセリング考 本日のグーグル変動で認められた面白い現象|SEO Produced by 札幌
Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]