忍者ブログ
あれこれとカウンセリングのことを考えるブログです。
[46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんわ。

今回は、カウンセリング系サイトのキーワード比率についてつぶやきます。

われわれカウンセラーがサイトを構築するとき、おそらく「カウンセリング 地域名」の複合キーワードで上位表示されるように、まずは工夫することと思います。キーワードの配列や比率に細心の注意を払って。しかし、いまのグーグルではキーワード比率等ほとんど関係ないのだというSEO専門家が少なくありません。

けれども、ああそうなのと、油断してもいられません。

グーグルのウェブマスター・ツールにサイトを登録します。するとそこには、サイト全体でカウントされるキーワードの個数と比率が表示されるようになっています。おまけに、こんな注釈が書かれています。

「次に示すのは、サイトのクロール時に見つかった最も一般的なキーワードです。これらのキーワードはサイトのテーマを反映しています」。

うむむ。結局のところ、上位表示したいキーワードの比率がサイトのなかで上位に位置しなければ、グーグルにしてみると、それが一体どのようなテーマのサイトなのか、判別が困難になるということのようです。

ここで、私たちカウンセリング系サイトのウェブマスターは、わけがわからなくなります。一体、グーグルを信じればよいのか、それともSEOの専門家たちの意見を信じればよいのか。

内部施策と、外部施策のバランスもあるのかもしれません。内部的にテーマがぼやけていれば、バックリンクのアンカーテキストで補ってやればよいのですから(たぶん)。内部的なテーマがはっきりしていれば、リンクのアンカーはキーワード以外でもよいとか。

カウンセリング系サイトを運営するカウンセラーの皆さん、私はいまよく分からなくなっています。いったいどうすればよいのか。キーワード比率はどうでもよいのか、それとも気をつけねばならないのか。SEOの専門家に、改めて意見を聴くことができたら、とても嬉しいのですが・・・・。

ではまた。

拍手[0回]

PR
フリーエリア
ブログ村のランキングに参加しました。お帰りの際に、よろしければポチッと。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
プロフィール
HN:
札幌
性別:
非公開
職業:
カウンセラー
趣味:
音楽
自己紹介:
ニックネームは「札幌」です。カウンセリングのことを日夜研究しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンセリング考 キーワード比率はどうでもよいのか|SEO Produced by 札幌
Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]