忍者ブログ
あれこれとカウンセリングのことを考えるブログです。
[9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんわ。

北海道は、今日とても暖かかったです。

さて、私設相談室を開業する方は、やはりホームページを開設しようとするはずです。せっかくカウンセリングの技量が身についても、相談者がやってこないかぎり、どうにもならないからです。それに、この分野はなかなか口コミが広がらないようです。ホームページを作って宣伝することが不可欠なのです。もちろん、パソコン用のサイトだけでなく、ケイタイ用のサイトを作っておくことも大切です。どちらかと言えば、ケイタイで検索する人の方が多いかも。

サイトにSEO対策を施すことがいろいろと必要なのが、いまどきの主流です。想定するキーワードでヒットするように、それも上位に表示されるように、あれこれと工夫が必要なのかもしれません。

あらゆる地方の士業がそうであるように、まずもって想定すべきなのが、「地域名」「業務内容」というふたつの複合キーワードでしょう。私の場合は、「札幌」「カウンセリング」になります。このキーワードがトップページでヒットするように、あれこれと工夫したいものです。

下位ページには、その他のバリエーションのキーワードを想定して作りこむ必要があるかもしれません。カウンセリングと地名以外のキーワード、あるいは、セラピー、心理療法、心理カウンセリング、精神療法などと、その他のキーワードです。

けれども、それだけではアクセス数が微々たるものであるのは、私の経験から言えます。多くのカウンセリング系サイトは、その他にコラム等のページを作りこんで、多様なロングテールで検索されるように工夫しているようです。実際のところ、「地名+カウンセリング」でアクセスする人は、あまり多くないようなのです。

多くのサイトを見ていると、ある程度のページ数を確保するまで記事を書いていき、そこそこのボリュームになったら更新を止めているようです。その後はブログを作って、そちらにたまに書く程度です。本サイトを作りこんで基本キーワードで調整し、あとはたまにブログを更新する、そのようなカウンセラーがほとんどのようです。多忙でしょうから、開業したての暇なときにいろいろと出来る程度で、その後の更新はなかなか時間が取れないのです。

カウンセリングだけに集中できればよいのですが、サイトのケアもおろそかにできないのが現代のカウンセラーなのかもしれません。ネット上で存在を認知されなければ、相談者は誰もやってこないのですから。

検索エンジンのアルゴリズムの変化を勉強すること。もしかしたら、カウンセリングの勉強よりも難しいのかもしれませんね。

拍手[1回]

PR
フリーエリア
ブログ村のランキングに参加しました。お帰りの際に、よろしければポチッと。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
プロフィール
HN:
札幌
性別:
非公開
職業:
カウンセラー
趣味:
音楽
自己紹介:
ニックネームは「札幌」です。カウンセリングのことを日夜研究しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンセリング考 カウンセリング系ホームページの作り方|SEO Produced by 札幌
Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]