忍者ブログ
あれこれとカウンセリングのことを考えるブログです。
[116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんわ。

暴力とカウンセリングについて少々ふれます。

暴力と言えば、衝動コントロールの問題とか、怒りとか、キレるとか、さまざまな視点から理解することができるのかもしれません。また、常識的に言えば、暴力は男性の問題であって女性ではないという見方もあると思います。しかし、暴力は何がしかの「障害」であるとか、男性にもっぱら認められる問題であるとか、その辺を取っ払ってみると、カウンセリングにとって有益な知見が何か見えてくるのかもしれません。

以前、児童虐待・DV・暴力で論じたこともあるのですが、いま考えていることを少しだけ。まず、暴力は男性だけの問題ではないということ。むしろ、女性がふるう暴力が見えにくくなっているということ。これには、社会文化的な要因がからんでいるはずです。テレビドラマのタイトルではありませんが、文字通りの「殴る女」が存在していたとしても不思議はありません。それに加えて、言葉の暴力です。むしろ女性にはこちらの方が多いのかもしれません。男性としては、トホホホホの心情でしょう。きついなー、という感じでしょうか。しかし、そのような女性の暴力を誘発する土壌や文化のことも考慮する必要があるでしょう。

どうして女性が男性に対して暴力をふるうのか、その理由は様々です。ただたんに衝動コントロールが障害されている、などという問題ではないのかもしれません。何かが心に触れ、キレるのです。けれども、男性が女性に振るう暴力と、女性が男性に振るう暴力の数は、圧倒的に前者が多いはずです。これが逆転することは、これから先も、おそらくないような気がします。・・・・・・・・・・ということは、やはり一般的に言って、暴力は男性の問題ということになるのか。ふむ。

カウンセリングで暴力を扱うことがあります。でも私は、衝動コントロールの問題とは、さしあたり考えません。その理由をひたすら聞いて行くのです。

ではまた。

拍手[0回]

PR
フリーエリア
ブログ村のランキングに参加しました。お帰りの際に、よろしければポチッと。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
プロフィール
HN:
札幌
性別:
非公開
職業:
カウンセラー
趣味:
音楽
自己紹介:
ニックネームは「札幌」です。カウンセリングのことを日夜研究しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンセリング考 暴力とカウンセリング Produced by 札幌
Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]