忍者ブログ
あれこれとカウンセリングのことを考えるブログです。
[91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんわ。

今回は、いつぞや予告して手つかずのままだったテーマ「SEOの個別法則と一般法則」についてお話します。

私の専門はカウンセリング心理学(臨床心理学)でして、「法則」にかんしては、この領域では研究方法論のなかで論じられるテーマです。それをSEOの世界に置き移してサックリとやります。遠大なテーマですから、本当は大論文になるところを、さわりだけになると思います。


個別法則と一般法則


ふつう、個別法則なんて言わないかもしれませんね。法則はあくまで一般法則なわけですから。けれども、カウンセリングでは一人の人間とじっくりかかわるわけで、この個別的なパターンというか、ローカル法則というか、その人固有の癖みたいなところがクローズアップされます。

それに対していわゆる心理学は、人間の一般法則を扱う学問です。科学的、実証的に、人間の心理を研究するわけです。ここでは個別性はむしろ邪魔になります。複数のデータを取って数値化し、平均値などを使って個をつぶします。平均から逸脱する個性的な人間は、バイアスとして理解されるのです。

最近は、カウンセリングの領域にも実証的な流れが入ってきたので、個別と一般にかかわる二つの方法を厳密には区別しにくくなってきたのですが、まあ学問的・方法論的な背景としては、個別法則=解釈学、一般法則=実証主義、と考えることができます。


SEOってどっちなの?


SEOって個別法則を探求することなのか、それとも一般法則を探求することなのか、いったいどっち? 答えは、どちらともです。もちろん、SEOコンサルタントがクライエントのサイトの検索順位に関する「泣き笑い」をともにするのは、カウンセリング心理学の系統です。そして、検索エンジンのアルゴリズムを探求するのは心理学の系統です。優れたSEOコンサルタントって、両方できる才人が多いのだろうな。


SEOと個別法則


これ、ひとつのサイトとじっくり付き合ってみて、そのサイトの個別的なパターンを知ることです。内部のあれをちょっといじったら順位が下がったとか、外部のリンクを加えたら順位が上がったとか、いろいろ試してみることで、「ああ、そうなんだ」と分かってきます(たぶん)。

そして、ページ数から何まで多様なサイトについて、こうした個別的パターンの理解が蓄積されていくと、条件の異なる(あるいは類似する)あるサイトと、別のサイト同士を比較してみることが可能となります。この段階になると、検索順位を決定するアルゴリズムの仕組みが、つまり一般法則が、なんとなく見え出してきます。

ひとつひとつの個別的経験の蓄積、つまり、個別的法則性の蓄積が、その人にとっての「勘」を左右し、「直観」を生み出していきます。


SEOと一般法則


これ、複数のサイトをマスでとらえて、科学的、実証的に、一般的傾向を検証することです。科学のスローガンは「いつでも、どこでも、だれにでも」当てはまる法則を探求することですから、基本は、どのサイトにも当てはまる普遍的な知識を探求することになります。

具体的には、数字と、統計学の知識を駆使して、客観的な検証をする必要があります。実験ですね。実験のデザインと使用される統計法は通常セットになっていますから、相関を見るならこれ、相乗効果を見るならこれ、差を見るならこれ、など、あらかじめ決められているのです。まあ、教科書にない独創的なデザインを組んで検証する、天才肌の人もいるでしょうが。

サンプル数は、適量必要です。多ければよいというものでもありません。サンプル数が多すぎると、意味のない結果でも統計的に「有意」と判定されてしまうので。そのへんは、統計学の教科書を見て下さい。

こうした検証を経た知見は、とても貴重なものです。しかし、それを個別のサイトに当てはめてみると、やはり例外がたくさん出てきます。一般法則とは、あくまで一般的なものでして、そこが痛し痒しですね。


SEOの常識


SEOの世界の常識は、どのようにして作られるのか。どの世界でも同じことですが、それは人と人がつながる「村」のなかで作られて行きます。個別的な経験則を蓄積した、あるいは一般法則に関する知識を備えた多種多様な人たちが、情報交換することで形成されていくのです。それは、一杯酒を飲みながらかもしれませんし、ツィートかもしれませんし、直に顔を合わせる必要は必ずしもないでしょう。そのようなムラのネットワークのなかで、この点について自分はそう思うが、あの点はちょっと違うなとか、そのようなやり取りの中で次第にムラの常識が作られていくのだと思います。

私の専門領域でも、このような村がたくさんあります。たとえば、精神分析とか、行動療法とか、人間性心理学とか、・・・・・。そして、そのような村の違いが常識の違いを代表しています。同じ村のなかには意見を同じくする者が集まり、別の村にはまたそことは違う常識をもった人たちが集うのです。

個人レベルでの異同。村レベルでの異同。ひとつの村の常識が、世界レベルの常識(コンセンサス)にまで上り詰めることもあるかもしれません。間違っていたとしても。しかし、その常識が正しいか、間違っているか知っているのは、神様しかいないでしょう。


アルゴリズムの探求とは神の摂理を理解すること?


科学者たちは現象の背後でそれを動かしている、自然法則を発見しようとします。そして、自分は神の摂理を探求しているのだと公言する外国人研究者もいます。意外ですが、バリバリの科学者にとっては、科学と宗教は遠くないのかもしれません。よく知られたことですが、たとえばニュートンがそうでした。彼は偉大な科学者でしたが、実は最後の錬金術師でもあったのです(まあ、何にもないところから金を作ろうとする神秘的な術、くらいに考えて下さい。あくどい金もうけのことではありません)。

考えてみると、グーグルは検索エンジンの神のような存在なのかもしれません。そのアルゴリズムを探求することは、実はネット上の神の摂理を探求することなのかもしれませんね。言いすぎかな。でも、グーグルのなかの人って、そういう位置づけになるような気がします・・・・・・。

ではまた。

-------------------------------------------------------------------
リンク集5

メディアフェイス公式のSEOブログ
メディアフェイス

いまどきのSEO対策.COM
SEOブログ

VALID SEO
VALID SEO の メインブログ

SEO対策 e-search
SEO対策 e-search 公式ブログ

パシのSEOブログ
無料SEO対策のススメ

SEOHACKS
花咲くSEO

晴練雨読

ウェブ担当者フォーラム

SEO検索エンジン最適化

SEOチェキ!

猿でも出来るSEO対策

SEO対策無双

拍手[0回]

PR
フリーエリア
ブログ村のランキングに参加しました。お帰りの際に、よろしければポチッと。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
プロフィール
HN:
札幌
性別:
非公開
職業:
カウンセラー
趣味:
音楽
自己紹介:
ニックネームは「札幌」です。カウンセリングのことを日夜研究しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンセリング考 リンク集5-SEOの個別法則と一般法則 Produced by 札幌
Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]