忍者ブログ
あれこれとカウンセリングのことを考えるブログです。
[166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんわ。

カウンセリングでクライエントの話に耳を傾けていると、いろいろなことが何も変わらないというテーマがよく出てくるように思います。そして、それにはいくつかの意味があります。つまり、変わらないことに対する有り難さと、変わらないことに対する辛さによって彩られているのです。

状況が何も変わらない、あるクライエントにとってはとても辛いことです。しかし、またあるクライエントにとってはとてもありがたいと感謝の気持ちをもって迎えられます。何も変化しないという似たような状況であるにもかかわらず、その意味付けは人によって異なるわけです。

あなたはいまどちらの意味付けをするでしょうか。状況が何も変わらないことを辛く感じますか、それとも感謝しますか。

反対に言えば、どちらの立場に自分がいまいるのか考えてみると、カウンセリングによる回復過程のどのあたりに自分がいるのか、少し見えてくるのかもしれません。おそらくそれには、いろいろなニュアンスがあるはずです。何も変わらないなー、いやになるなー、でもこれ以上悪くならないことを祈って現状に感謝しようとか。何も変わらない、もう耐えられないとか。

カウンセリングが終わるとき、カウンセラーがクライエントからよく聞くのは、状況は何も変わらなかったけれど、その状況にちゃんと耐えられるようになりました、のようなことです。カウンセリングによって現実的な状況を変化させるのはとても難しいと思いますが、自分自身が少し強くなるわけです。それと同時に状況も変化する場合も、まあよくあるのですが。

このつぶやきがカウンセリングを受けるクライエントの方々のお役に少しでも立つことができれば幸いです。

ではまた。

-----------------------------------------------------------
PR
一回払いのSEOサービス

拍手[1回]

PR
フリーエリア
ブログ村のランキングに参加しました。お帰りの際に、よろしければポチッと。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
プロフィール
HN:
札幌
性別:
非公開
職業:
カウンセラー
趣味:
音楽
自己紹介:
ニックネームは「札幌」です。カウンセリングのことを日夜研究しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンセリング考 変わらないことの有り難さと辛さ Produced by 札幌
Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]