忍者ブログ
あれこれとカウンセリングのことを考えるブログです。
[152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんわ。

最近になって、なつかしい妖怪人間ベムの実写版が放映されています。配役もよく、あの雰囲気がよく出ていると思います。

とても印象に残る言葉があります。「はやく人間になりたい」です。

ベムも、ベラも、ベロも、容姿は妖怪なのですが、それとは裏腹に、人間よりも人間らしい心をもっています。身体の醜さ、心の美しさ、そのギャップがいろいろと考えさせます。

妖怪が人間として生まれ変わることを切望するストーリーなのですが、これは私たち人間にとっても無頓着ではいられないでしょう。私たちも、いまある自分ではない別の自分へと生まれ変わることを切望しているのですから。

いまある自分と、こうありたい自分とのギャップ、ズレが大切です。私たちは決して自分自身と一致することがないのです。

カウンセリングのなかで、そして日常の中で、クライエントの意識は生まれ変わり続けます。とても微妙な変化ですからそれを意識することなどできませんが、私たちはいつもきのうの自分とは違うのです。その変化が積み重なっていくと、質的な意識の転換がやってきます。レイジング・コンシャスネスといいますか、新たな意識、自分の誕生です。

このような現象は人生の中で何度か見舞われることでしょう。いままでの自分とは違う新たな自分が意識されるときです。たまに、カウンセリングのプロセスの中でクライエントが口にすするのを聞くことがあります。それは、とても劇的で、なおかつ感動的なものです。

妖怪人間が人間になるのは、よくあるたとえでいえば、いも虫が蛹から蝶になるような変化でしょうか。ゲーテは言っています。人間が最も変化するのは思春期であると。メタモルフォーゼです。

ちょっと広げすぎたかな、妖怪人間の話から。

ではまた。

拍手[0回]

PR
フリーエリア
ブログ村のランキングに参加しました。お帰りの際に、よろしければポチッと。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
プロフィール
HN:
札幌
性別:
非公開
職業:
カウンセラー
趣味:
音楽
自己紹介:
ニックネームは「札幌」です。カウンセリングのことを日夜研究しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンセリング考 妖怪人間ベム Produced by 札幌
Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]