忍者ブログ
あれこれとカウンセリングのことを考えるブログです。
[94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんわ。

カウンセリングにはいろいろな流派や考え方があります。今回のテーマは、自分とは異質な立場から学ぶことです。

私自身はどの流派かと言うと、自分でも定かではないところがあります。いままでずっと、力動的な防衛分析や、芸術療法や、その他もろもろのことを行い、最近はハーマンスの対話的自己論の周辺に居るカウンセラーたちに近づいています。広い意味で、人間性心理学のなかで生きているような気がしています。

しかし、他の流派のことを毛嫌いしているわけではありません。以前は自分とは異質の立場に対して、なんだかなーという感覚がありましたが。いまは、他の立場のなかに随分と自分と似ていることを発見したり、自分では行っていなくてもためになることを見つけることが多くなってきました。

特に、セルフトークとか、対話的自己のことを追求していると、認知行動療法のなかの認知分析療法やスキーマ療法、ベックの認知療法、エリスの論理療法など、似通った視点でカウンセリングのなかで起こってくる現象を理解していることに気がつきました。

これは自分に向けたつぶやきです。

異質な立場を批判するよりも、そこから学ぼう。批判ばかりじゃ、みっともないしね。

ではまた。

拍手[0回]

PR
フリーエリア
ブログ村のランキングに参加しました。お帰りの際に、よろしければポチッと。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
プロフィール
HN:
札幌
性別:
非公開
職業:
カウンセラー
趣味:
音楽
自己紹介:
ニックネームは「札幌」です。カウンセリングのことを日夜研究しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンセリング考 自分とは異質な立場から学ぶこと Produced by 札幌
Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]