忍者ブログ
あれこれとカウンセリングのことを考えるブログです。
[130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんわ。

この年になると、いろいろなお仕事が回ってきます。今回はその中から、カウンセリング論文の査読について少しだけ触れます。

もちろん、私が具体的にどの雑誌のどの論文を査読したとか、そのようなことはここには書けませんのであしからずご了承ください。

学術論文の世界の話ですけど、ひとつの論文が学会誌などに掲載されるには、そのまえに複数の人間がその論文を読んで審査しなければなりません。これが査読です。このような形式がいまも昔も一般的になっていまして、レフリー付き論文のレフリーをやるわけですね。

私は普段は大学の教師をしていますから、学生の卒業論文や修士論文の指導は日常のことです。しかし、これは査読とは言えません。大学の内部だと、たとえば紀要の査読とか、学位(博士)論文の査読とかがあります。

はてさて、今年はいろいろな査読を仰せつかりました。私としては新記録です。これだけの本数を読んでコメントするのは容易なことではありません。まあ、具体的な数は伏せておきますが。自分の時間がかなりとられてしまいます。人さまの論文を読んで、コメント分を書くにはかなりの時間を要するのです。

それにもかかわらず断らずに引き受けたのは、私なりの理由からです。

私も若い頃は、いろいろな雑誌に論文を投稿しました。それに対して、必ずコメントが返ってきます。それを読んで勉強になることもあれば、反対に「この査読者は一体何を言っているのだと」疑問が湧いてくることもありました。奇妙で、不合理なコメントのことです。みなさん、私と同じような経験はありませんか。最悪の場合、投稿を断念しなければならないのですが、私はいくつ断念したことか。論文が受理掲載されるには、査読者のコメントを受け入れて書きなおす必要があります。反論すれば却下される可能性が高いですし、登校する側はかなり(ある意味で)不利な立場に立たされるのです。

以前このことを論文にして斬ったことがあります。論文査読の政治学とか何とか題して。

そのようなわけで、一生懸命論文を書いた人たちの苦労を無駄にしないように、査読を仰せつかったときは全力を尽くして精力を傾けるようにしています。自分の若い頃と同じ思いをさせたくないからです。はぁー、まだ今年は終わっていないけど、それにしても忙しかったなー。自分の論文を一本書くために必要なのとおなじくらいの膨大なエネルギーを、査読のために使ったような気がします。

これで、いいのだ。

綺麗事に聞こえたら、御免なさい。(割とすぐに謝るのね、私)

さあー、ブログの更新を終えて、もう一本読もうか。なんちゃって。

ではまた。

拍手[1回]

PR
フリーエリア
ブログ村のランキングに参加しました。お帰りの際に、よろしければポチッと。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
プロフィール
HN:
札幌
性別:
非公開
職業:
カウンセラー
趣味:
音楽
自己紹介:
ニックネームは「札幌」です。カウンセリングのことを日夜研究しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンセリング考 カウンセリング論文の査読について Produced by 札幌
Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]